昔ながらの碍子の配線

昨日から現場入りした大規模リフォームの現場は、昔ながらの

碍子を用いた配線で、懐かしさを感じます。

でも、電気業者に連絡したら、配線からやり替えた方が良いと

指摘がありました。

一度確認してもらって、どこをどうすべきかお客さんにも説明が

必要になって来ます。見せ方によっては古民家にしっくり来ると

思うのですが。。。。これからじっくり考えて、しっかりとした

対応をして行きたいと思います。


せっかくの貴重なものなので、使えるならば使ったら…なのです

が安全性となると、多分“保証は出来かねますよ~”という事なの

でしょう。やはり建築物へのリスク回避が第一ですね。


Wakamatsu News-Report !!

家づくりを主として、旬なネタを様々な角度から、色々と発信していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000

あいうえお テストテスト