配筋工事

山口市内の基礎工事では鉄筋の組立てが始まりました。

所定の寸法で配筋組をして、底盤コンクリート、立上がりコンクリートと

順次打設して行きます。その前に瑕疵保険適用の為の検査官検査を受けなけらば

なりません。来週初めには検査を受けていよいよコンクリートの打設へと駒を

進めて行く手筈になります。今回は住宅ローンにフラット35を活用する為、

配筋基準も相当厳しく相当な鉄筋量になります。

耐震性、基礎の沈下を防ぐという観点からもとても大事な部分になります。

抜かりがないように配筋、結束という細かな作業をして行きます。

また、昨日の雨で堀りの部分が池になっていたようです。

長きにわたる工事中期間には、たまにはこんな事もあったりします。

こんな困難を一つずつクリアしながら、完成を迎えるわけですから竣工時は

格別のものとなります。また格別な気分が味わえるように打合せ・事務方・現場

頑張って行きたいと思います。



Wakamatsu News-Report !!

家づくりを主として、旬なネタを様々な角度から、色々と発信していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000

あいうえお テストテスト